レボノルゲストレルは個人輸入での販売もされている薬

レボノルゲストレルとは、避妊を行わずに性交渉を行った時や避妊に失敗してしまった時などに、緊急で妊娠を避けるために活用される緊急避妊薬に配合される成分です。

妊娠は女性ホルモンが分泌される事で環境が整い、受精する事が可能になるため、その女性ホルモンをコントロールすることで避妊を可能とします。女性ホルモンを大まかに分けるとエストロゲンとプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類に分類できます。この中でも、妊娠に重要な働きをする物質がプロゲステロンです。排卵が起こる直前には特定のホルモンが大量に分泌されますが、この時にプロゲステロンが投与されると、分泌を抑える事ができ、その結果として排卵を遅らせたり止める事ができます。

レボノルゲストレルは他にも受精卵の着床を防ぐ働きがあります。受精卵が子宮壁にたどり着き、生育する準備を始めることを着床と言い、着床まで起こることで、妊娠が成立するため、受精しても着床を防ぐ事ができれば妊娠には至りません。

レボノルゲストレルの配合された薬は、病院で処方を受ける事が可能ですが、個人輸入の代理店で販売されている製品を購入する事もできます。緊急避妊薬は保険適用がされないため、病院を通じて購入する場合は経済的に負担がかかる場合があります。そのため、個人輸入を利用する場合、日本では未認可のジェネリック医薬品が購入でき、先発薬とほぼ同等の成分でありながら安価に入手できる利点があります。個人輸入代理店で販売されている未認可の薬は、個人的な利用に限り違法ではないので、法的な問題はありません。個人輸入で販売された薬を服用する時は、用法用量を守る事が重要で、副作用が出た場合は薬剤師や医師の診断を受けましょう。