レボノルゲストレルの副効用で生活に安定を

レボノルゲストレルは、避妊薬や月経困難症(強い生理痛や生理不順)、子宮内膜症などに作用する薬です。

いわゆる「ピル」の一種ですが、成分は女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロジェステロン)の混合剤であり、「アンジュ21/28錠」や「トライディオール21/28錠」、「ラベルフィーユ21/28錠」などの他ジェネリック医薬品(後発医薬品)などが各社から出ています。

服用法については1日1錠を決まった時間に服用(28日サイクル)するもの、1日1錠を21日間服用し1週間休薬を繰り返すものとあります。

避妊薬(ピル)に分類されますが、副効用としては月経困難症にも効果があります。
脳下垂体に作用し、卵胞ホルモンや黄体形成ホルモンの分泌を穏やかにするため、卵巣・子宮の活動低下により月経困難症(激しい生理痛、不安定な月経周期、生理不順)や生理の前に起こる月経前症候群(腰痛、頭痛、吐き気、イライラ、憂鬱など)、にも効果があるとされています。

また、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌を抑えることにより、妊娠しにくい状態(排卵の抑制)を作ります。子宮内膜部や頸管粘液が変化し受精卵が着床しにくく妊娠の確立が下がるのです。
服用については1日1錠を一定時刻に服用するわけですが、飲み忘れなどの注意が必要です。

レボノルゲストレルについての副作用ですが、「血栓症」(血の固まりが血管に詰まる状態)があります。稀な発生頻度ですが、手足・ふくらはぎのしびれや頭痛・視力低下など症状は様々です。既往病によっては服用中は喫煙は禁止のようです。

他には、出血・頭痛・眠気・腰痛・おりものの増加・乳房の痛みやハリ・疲労感・倦怠感などがあげられます。

月経困難症などの副効用で効果があれば日々の安定した生活に役立つものですが、他の薬との飲み合わせなどにも十分注意が必要です。